3倍速でコストメリットを実現

違和感

設計検証を進める中で、何となく違和感を感じることがあります。自分の設計を過信して、その違和感を見逃すと必ず不具合、不良に繋がります。違和感を素直に認め、早期に対応できる設計者は勘所を理解し、芯のある設計者だと思います。

自分の非を認め設計変更するのは勇気のいることですが勘所を押さえ前に進むことが求められます。設計者の勘は鋭いです。後で大きな問題になる前に小さな芽のうちに摘み取りたいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。