3倍速でコストメリットを実現

大切にしていること5

どこで戦う製品なのか

誰に向けた製品かが決まった後は、その製品がどこで戦う製品なのかを考えます。価格帯であったり機能であったり狙うポジションでの仕様を検討、検証をします。

戦かおうとしているポジションにあった製品であるかの検証はとても大切ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。